親の遺品が捨てられないときやること

遺品整理の基礎知識

親の遺品が捨てられない時にやるべき3つのこと【遺品整理】

親の遺品、、、想い出があり捨てられない人は多い

親の遺品 思い出 捨てられない

親への想い、遺品の思い出があり片付けられない・捨てられないという人は多いです。

 

中には10年以上経ってから遺品整理をようやく始める人もいるほど。

 

もし、片づけたいのに捨てれないのであれば

  • 親族に相談する
  • 形見分け・供養などをする
  • 分別だけしてみる

などのやり方が解決に有効です。

 

詳しく解説します。

 

無理に処分する必要はない?

やるべきことの前に一つ頭に入れておきたいのは

片付けれない場合は、無理に処分する必要はない

ということです。

 

遺産分割・相続税の申告は10か月以内という期限があり、それらは遺言書の記載通りに進めていく必要がありますが、片付けについては特に期限はありません。

 

想いのこもった遺品を捨てたくないというのは当然の感情ですし、退去などで急ぐ理由がなければ、そのまま放っておいても大抵は問題がありません。

 

焦ってしまうと、冷静な判断ができないこともあります。

 

無理に処分しないというのも重要な選択肢の一つと考えてよいと思いますよ。

 

親の遺品が捨てられない時にやるべきこと3つ

親族や友人に相談する

遺品整理 友人 相談

親族や信頼できる友人などに相談しましょう。

 

どうして捨てれないのか気持ちを話すだけでもすっきりすると思いますし、片付けが大変であるという現実的な問題も複数人で行えば解決可能です。

 

遺品整理の片付けは金銭が絡むことでもありますので、誰でも相談というわけにはいきませんが、信頼できる人であれば良い方向に進むこともあります。

  • なぜ片付ければいけないのか
  • 片付けるとどんないいことがあるか

などを話してみて、まず気持ちの整理をつけましょう。

形見分け・供養をする

片付けを無理なく行う一番の方法は【少しずつ】です。

 

故人のもので、貰うべき人に貰ってほしいと思うものは形見分けをしましょう。

 

同様に、供養をすることでなんとなく心の整理がつき処分できたというケースもあります。

 

人形やよく使っていた服などは、そのままだとなかなか捨てづらいですのでまず供養してみるといいかもしれません。

分別だけしてみる

遺品整理 いるもの いらないもの 分別

実際に片付けを本格的にやる場合は

  • 残すもの
  • 売れるもの・価値のあるもの
  • 捨てるもの

を分別していき、適切な処分をすることになります。

 

まず捨てるのではなく、遺品の分別を行っていくと、それだけで気持ちの整理がついてくるということもあります。

 

心が落ち着いてきたり、はっきりと捨てていいものが決まってきたら捨てるなど、少しずつ片付けをするのにも有効ですね。

 

まとめ

  • 親の遺品を捨てられない人は多い
  • 無理に処分する必要はない
  • 少しずつ処分していくのがおすすめ
  • 親族や友人に相談する
  • 形見分け・供養をする
  • 遺品の分別だけしてみる

以上、この記事のまとめでした。

 

ポイントとしては無理に処分しようとせず、少しずつ片付けることですね。

 

どうしてもすぐに片付けなければいけない事情がある場合のみ、遺品整理業者などプロに相談すると、気力・体力とも楽に片付けることができますよ。

 

故人の大事な遺品を任せる業者ですので、信頼できる業者を選びたいですね。

 

お気持ちに寄り添った片付けを心がけています!遺品整理ならエコえこまで♪

【遺品整理の達人を見た!】で消費税10%サービス!▽

お電話下さい→0120-111-007

お問い合わせページ

公式サイトはこちら

関連記事▽

遺品整理の信頼できる業者を見分ける7つのポイント

遺品整理の信頼できる業者 7つのポイント
遺品整理の信頼できる業者を見分ける7つのポイント

目次1 一番早く確認できるのはネットの評判や口コミ2 遺品整理の信頼できる業者を見分ける7つのポイント2.1 ホームページ(ウェブサイト)はあるか2.2 料金体系が分かりやすいか2.3 電話での言葉使 ...

続きを見る

-遺品整理の基礎知識

© 2021 遺品整理の達人 Powered by AFFINGER5