遺品整理 自分で行うための5つのポイント

遺品整理の基礎知識

遺品整理業者を利用せずに、自分たちで行うための5つのポイント

遺品整理(部屋の片付け)は大変!でも自分たちでできる

遺品整理 自分たちでもできる

遺品整理で故人のお部屋を片付ける作業はとても大変です。

人の一生分の片づけをするわけですので、簡単にはいきません。

 

作業内容としても小さなごみの分別から、大きな家財の処分は手間がかかることです。

 

さらに、価値あるものや資産の整理も待ち受けていますのでお部屋の片付けなどだけでも楽に済ませたいところですね。

 

それでも時間をかければ、自分たちで行うことも可能です。

この記事では遺品整理の片づけを自ら行うポイントを分かりやすくまとめます。

 

遺品整理の片付けが大変なところ

遺品整理の片付けが大変なところとして

  • いるもの・いらないものの分別
  • 家財(特に電化製品・粗大ごみ)の処分
  • 価値があるものの発見・処分

があげられます。

 

細かく注意する点がいくつもあり神経を使いますし、大きな家具や家電を家から運び出して処分するのには体力も必要です。

 

遺族の方が体力に自信がない場合は、思わぬ事故につながる場合もありますので無理は本当によくありません。

 

これらを総合して考えると『どこから手をつけたらいいか分からない』という状態になり大変なわけですね。

 

自分たちで行うための5つのポイント

チェックポイント 遺品整理 自分たちで行う

高価なもの・金銭的な価値がありそうなものから探す

まず高価なものや、金銭的な価値があるものを手分けして探すのをおすすめします。

 

片付けがスタートして慣れてくると、どんどん捨てれるようになってきます。

マラソンでいうランナーズハイのような感じで、捨てることを躊躇していたものもゴミとして処分できるようになっていくわけですね。

 

片付け自体はできますが、価値あるものを捨ててしまうのは非常にもったいないです。

 

特に貴金属などは小さく見過ごしてしまうこともあります。

 

故人が伝えてないままに処分されてしまうケースは珍しくありませんので、心当たりある場所から探すようにしてみて下さい。

大きな家財を優先して処分する

遺品整理 大きな家財から処分

次に大きな家財を優先して処分していきます。

 

片付けする際、スペースがあると効率的に進めることができます。

 

冷蔵庫・洗濯機などの大型家電、タンスやソファなどの大型家具を優先して処分しましょう。

 

家電4品目の処分については指定引き取り業者へ。

タンスやソファは市区町村の回収サービスで回収してもらえます。

 

それぞれ予約や運搬の手配が必要になってきて、大変な作業ですので事前に下調べしてから利用しまよう。

分別・解体を徹底する

遺品整理の片付けで出るゴミですが指定袋に入るものであれば、大抵のものは無料で一般ごみに出すことができます。

 

また指定袋に入らず、粗大ごみとして回収してもらうものでも解体して袋に入るようにすれば無料で処分が可能です。

 

この作業を徹底して行うと大抵のものは無料で捨てれて費用もおさえることができますのでおすすめです。

 

解体の際は、養生をしっかりと行いソファやマットレスなどスプリングが入ったものなどを解体する際はケガの内容に注意してください。

 

市区町村の回収サービスをうまく利用する

遺品整理 市区町村の回収サービスを利用する

指定袋に入りきらない場合は粗大ごみとして回収してもらうことになります。

 

その場合市区町村の粗大ごみ回収サービスを利用すると、安く処分することが可能です。

 

各地域によって異なりますが

  1. 電話で依頼
  2. リサイクル券を購入してゴミに貼り付け
  3. 指定日に指定場所まで運搬する

というのが一般的な処分の流れで一点300円~2500円で処分が可能です。

 

比較的大型の家具でも1500円~2000円といった価格で処分できますので、自分で解体・運搬ができる場合は市区町村の回収サービスをうまく利用するとお得になりますよ。

 

リサイクルショップの出張買取を利用する

遺品整理 リサイクルショップ 買取

まだ使えるもので処分に困るものがあればリサイクルショップの出張買取を利用してみましょう。

  • 大型のテレビ
  • 電化製品
  • エアロバイクなどの健康器具

など、リユースして使えるものであれば価格がつくこともあります。

 

価格がつかないものでも、一点でも価格がつけばまとめて引き取り処分してもらえる場合もありますからね。

 

出張買取の場合運び出しをやってくれますので、運搬の手間も省けます。

 

基本予約制ですので事前に物品をリストアップして正確に伝えれるようにしておきましょう。

 

どうしてもできない場合は不用品回収業者へ

以上のポイントをおさえつつ、時間をかけて行えば自分たちでも遺品整理の片付けは可能です。

 

ただし、無理は禁物です。

大型の家具や家電の運搬などは思った以上に体力を使い、階段の上下も危険な作業と言えます。

 

できるだけ人数を集めて行うことを前提とし、どうしても無理な場合は不用品回収業者に頼むようにしましょう。

 

すべてお任せでやってくれますし、どうしてもできない事だけピンポイントで解決してもらう事も可能です。

 

まとめ

  • 遺品整理は大変だが自分たちでもできる
  • 遺品整理は気力・体力を使うので大変
  • 金銭的な価値がありそうなものから探す
  • 大きな家財を優先して処分する
  • 分別・解体を徹底する
  • 市区町村の回収サービスを利用する
  • リサイクルショップの出張買取を利用する
  • どうしてもできない場合は不用品回収業者へ

以上、遺品整理を自分で行うための5つのポイントでした。

 

時間をかけてゆっくりやれば片付け自体は難しいものではありません。

また遺品整理自体は相続税の納付以外は急ぐものでもなく、10年以上経って整理にかかるかたもいます。

 

ただし、急ぐ事情がある場合や自分ではできないから放置状態になってしまう場合はプロに頼んですぐにすっきりさせてもらうこともアリですね。

 

頼む際は、信頼できる遺品整理業者に依頼するようにしましょう。

 

遺品整理で関東で愛されて10年以上のエコえこまで♪

【遺品整理の達人を見た!】で消費税10%サービス!▽

お電話下さい→0120-111-007

お問い合わせページ

公式サイトはこちら

-遺品整理の基礎知識

© 2021 遺品整理の達人 Powered by AFFINGER5