生前整理で出た不用品の処分方法

遺品整理の基礎知識

生前整理で出た不用品の処分方法|量が多い場合は業者がおすすめ

生前整理で出た不用品を安く処分する方法

生前整理で出た本

この記事での不用品は『使えなくなったもの』と定義しています

生前整理で家具や家電などの不用品が出た場合処分する方法は大きく二つあります。

  • 市区町村の回収サービスに頼む
  • 不用品回収業者に頼む

いずれかです。

 

料金としては市区町村の回収サービスの方が税金が投入されている為安く、不用品回収業者の方がサービスが充実している分高くなっています。

 

それぞれの処分方法について解説します。

 

不用品の処分方法

生前整理 不用品 処分

市区町村の回収サービスに頼む

指定袋に入りきらない家具や家電などのゴミについては、市区町村の回収サービスを利用できます。

 

各自治体によって異なりますが

  1. 電話で予約
  2. リサイクル券を購入してゴミに貼り付け
  3. 指定日に家の前・集積場に出す

という流れで処分できるようになっています。

 

料金は一点300円~2500円で、大きければ大きいほど料金も高くなりますね。

 

簡単かつ、料金も安いのですが家の中から運び出したり、解体はしてくれませんのでゴミ出しできる場合にしか利用ができません。

 

予約制につき、処分まで時間がかかる場合もあるので注意です。

不用品回収業者に頼む

不用品回収を専門に行っている業者がいます。

 

市区町村の回収サービスとの違いとしては

  • 価値があるものの買取を行っている
  • 運び出し・解体なども行ってくれる
  • オプションで清掃もしてくれる
  • 最短即日ですぐに片付けてくれる

などかゆいところに手が届くようなサービスになっています。

 

その分料金としては高くなっていますが、市区町村の回収サービスが一点ごとに処分料金がかかるのに対して、まとめて処分というプランも用意されています。

 

量が多い場合・自分でできないは不用品回収業者がおすすめ

不用品回収業者にお任せ

  • 不用品の量が多い場合
  • 自分で運び出しができない

という方は不用品回収業者に依頼した方がよいといえます。

 

理由としては、市区町村の回収サービスでは

  • 一点ごとに料金がかかってしまう
  • 運び出しや解体はしてもらえない
  • 一回で回収できるごみの点数が限られてい
  • リサイクル家電(冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ)が回収してもらえない

など、回収が難しいことが多いからです。

 

料金や点数制限などは日数をかけることによって何とできますが、重い家具の運び出しなどはプロでないとできない場合が多いです。

 

無理をして処分しようとすると、重大な事故につながる場合もありますので注意が必要です。

 

まとめ

  • 市区町村の回収サービスで処分できる
  • 不用品回収でも処分できる
  • 市区町村の回収サービスは安いが不便
  • 不用品回収サービスは高めだが便利
  • 量が多い・自分で運搬できない場合は業者へ

以上、この記事のまとめでした。

 

生前整理の不用品回収の場合、依頼される方がご高齢で体力に自信がない方も多いかと思いますので、業者にお任せするのもよいかもしれません。

 

市区町村の回収サービスは自分でやる分、料金も安くなっていますが、ケガなどをしてしまっては元も子もないですからね。

 

どうしたらいいか分からない場合は一度業者に相談してみるとよいですよ!

 

関東で愛されて10年以上のエコえこにご相談下さい♪

【遺品整理の達人を見た!】で消費税10%サービス!▽

お電話下さい→0120-111-007

お問い合わせページ

公式サイトはこちら

-遺品整理の基礎知識

© 2021 遺品整理の達人 Powered by AFFINGER5